LANで使うIPアドレスって?2013年01月12日 19:52

無線LAN環境をつくりたいと思い、まずはIPアドレスについて
いろいろ調べてみたので、忘れないうちにメモっておこう( ̄◇ ̄)

Wikipediaによると、IPアドレスは、
ネットワーク上の各デバイスはそれぞれを特定するためのネットワーク上のアドレス(IPアドレス)で、グローバルIPアドレスと、プライベートIPアドレスに分かれます。

1. グローバルIPアドレス
 インターネットで使われます。


2. プライベートIPアドレス
 
プライベートネットワークである、
 社内/家庭内LAN(Local Area Network)で使われます。

●プライベートIPアドレスの種類
 LANの規模によって、3種類あります。
  クラスA(16,777,216 アドレス)10.0.0.0~10.255.255.255
  クラスB( 1,048,576 アドレス)172.16.0.0~172.31.255.255
  クラスC(  65,536 アドレス)192.168.0.0~192.168.255.255

 ほとんどの家庭内LAN用の機器は、クラスCのIPアドレスが初期設定で使われています。


3. サブネットマスク
 IPアドレスは、ネットワークアドレスホストアドレスで構成されています。
 サブネットマスクは、IPアドレスのどこまでが、ネットワークアドレスかを規定します。
 クラスCでは、65,536個のアドレスあるわけですが、
  サブネットマスクを、255.255.255.0と記述して、
  256(0~255)サブネットのそれぞれが、
  256(0~255)のホストを持ち、
  合計で、256×256=65,536 のIPアドレスがあるというのが、一般的です。

サブネットを多くしたい場合は、ホストアドレス(末尾3桁)の部分を一部もらって増やすことができますが、その分ホスト数が減るので、IPアドレスの総数は変わりません
 /24 255.255.255.0  256サブネット×256ホスト=65,536
 /25 255.255.255.128 512サブネット×128ホスト=65,536
 /26 255.255.255.192 256サブネット× 64ホスト=65,536
  ・・・
 /32 255.255.255.255 65,536サブネット× 1 (0のみ)ホスト=65,536


4. プレフィックス表示
 xxx.xxx.xxx.xxx/xx で、サブネットと、ホストの関係を表記できます。
192.168.0.0/24、255.255.255.0 で、192.168.0.0~192.168.0.255
  192.168.0.0192.168.0.255は、同じネットワークですが、
192.168.0.0/26、255.255.255.192 で、192.168.0.0~192.168.0.63
  192.168.0.0192.168.0.255は、異なるネットワークです。
  192.168.0.0192.168.0.255をつなぐには、ルーターが必要になります。


今回作ろうと思っている無線LAN環境で使うのは、クラスCのIPアドレスです。
サブネットをいくつも持つ必要はないので、サブネットマスクは、255.255.255.0
で十分ですが、ホスト数が256個と言うのもありえないかな (笑)



関連記事 -------------------------

無線LAN環境を作りたい
無線LAN-セキュリティ
無線LAN-FON2405E

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック