DUO3.0例文をiPhoneで見たい2013年02月11日 10:42

DUO3.0の例文を聞きながら、iPhoneで表示できれば良いなぁと思い、
 1. iPhoneミュージックの歌詞として表示させる
 2. Flashcards Deluxeのカードとして表示させる
の2つを作ってみようと思います。
まずは、両方に使えるデータを、エクセルで作ることにします。

●エクセルのフォーマットを作る
1. Flashcards Deluxeのエクセルフォーマットをダウンロードします。
 Flashcards Deluxe ページ内の
  Creating Your Own Decks
 の下にある
   1) in a text editor or a spreadsheet を開き
     Import Format.xls のリンクからダウンロードします。(英語)
 Power1000's favorites さんの 新フォーマットのリファレンス ページ内の
  一番下にあるリンクから、日本語訳されたエクセルがダウンロードできます。

2. ダウンロードしたエクセルの最後のシート
  Complete Import Definition ヘッダ行フォーマット一覧
 を参考に、ヘッダの文字列順番変えないように注意して、
 エクセルの1行目に、左から、Text 1, Text 2,・・・・・, Wrong Answer 4
 の順で並べます。
 Picture、Notesなど不要なヘッダがある列を削除し、使用する列だけにします。
 後から追加・削除できるのであまり悩まずとりあえず使う列だけにします。


●サンプルフォーマット
1. イメージ
フォーマットイメージ+


2. サンプルフォーマット各列の役割
 1行が例文1つ分のデータになります。

(1) 白色の、A, D, E, F, G列(5列)に、データを入力します。
(2) グレーの、B, C, H, I, J, K, L, M(8列)は数式を入れます。

E~K列Text 1Category 1は、Flashcards Deluxeのデッキデータに使います。

L列iTunes (オリジナル用) は、DUO3.0 / CD復習用の歌詞として使います。
M, N列iTunes (分割用), iTunes (分割入力用) は、
    DUO3.0 / CD復習用を分割したファイル(曲)用の歌詞として使います。


3. 数式一覧B, C, H, I, J, K, L, M

Sec#

 

Sec#

B2=IF(OFFSET(A2,-1,0)=A2,OFFSET(B2,-1,0)+1,1)

Sec内数

C2=IF(A2=OFFSET(A2,1,0),OFFSET(C2,1,0),B2)

#

 

Text 1

 

Text 2

 

Text 3

 

Text 5

H2="|"&B2&" / "&C2&"  [ # "&D2&" ]|Section "&A2

Sound 1

I2=IF(D2<10,"00"&$D2&".m4a",IF(D2<100, "0"&$D2&".m4a",$D2&".m4a"))

Sound 2

J2=I2

Category 1

K2="Section "&A2

iTunes (オリジナル用)

L2=IF(B2=1,, CHAR(10))&D2&". "&E2&CHAR(10)&F2

iTunes (分割用)

M2=D2&". "&E2&CHAR(10)&F2&CHAR(10)&"["&B2&"/"&C2&"]" &CHAR(10)&SUBSTITUTE(G2,"|",CHAR(10))

iTunes (分割入力用)

 

B, C, H, I, J, K, L, Mの各数式は、エクセルの2行目 (=例文1個目) セルを、
 エクセルの561行目 (例文560個目)セルまでコピペすればOKです。


4. サンプルフォーマット各列の詳細
A列Sec#:先にD列(例文番号)を入力した後、該当するセクションNoを入れます。
   DUO3.0 / 単行本(Amazon)の3頁あたりにデータがあるので
   それを参考オートフィルで入力すると簡単です。

B列Sec内#同一セクション内の何番目かを表示させます。

 B2 =IF(OFFSET(A2,-1,0)=A2,OFFSET(B2,-1,0)+1,1)

   3行目以降は、B2セルをコピペすればOKです。

C列Sec内数:同一セクション内のB列Sec内#最大値を表示させます。

 C2 =IF(A2=OFFSET(A2,1,0),OFFSET(C2,1,0),B2)

   3行目以降は、C2セルをコピペすればOKです。

D列#例文番号):1~560までの連番を入力します。
   オートフィルで一気に560まで入力すると簡単です。

E列Text 1:日本語(訳文)を入力します。
   折り返して全体を表示しても良いですが、セル内で改行はしないようにします。

F列Text 2:英語(例文)を入力します。
   折り返して全体を表示しても良いですが、セル内で改行はしないようにします。

G列Text 3:wordと意味など、メモ書きを入力します。
   歌詞やFlashcards Deluxeで改行表示させたい場合は、改行文字として
   半角の縦棒『|』(Shift+\)を入力します。
ScreenKeyBoard
   ●サンプルフォーマットG列は「word1 意味1|word2 意味2」です。
   折り返して全体を表示しても良いですが、セル内で改行はしないようにします。

H列Text 5:Flashcards Deluxe フッターとして使います。

 H2 ="|"&B2&" / "&C2&"  [ # "&D2&" ]|Section "&A2

   3行目以降は、H2セルをコピペすればOKです。
Text5

I列Sound 1:Flashcards Deluxe Text 1日本語(訳文)カード面の音声になります。

 I2 =IF(D2<10,"00"&$D2&".m4a",IF(D2<100,"0"&$D2&".m4a",$D2&".m4a"))

   DUO3.0 / CD復習用を分割したい で分割したファイルを使用します。
   3行目以降は、I2セルをコピペすればOKですが、
   上記数式は、
   例文1~560に対しファイル名が001.m4a~560.m4aでなければなりません。
   ファイル名が違う場合は、対応するファイル名を入力します。

J列Sound 2:Flashcards Deluxe Text 2英語(例文)カード面の音声になります。

 J2 =I2

   として、I列と全く同じ内容(ファイル名)にします。
   3行目以降は、J2セルをコピペすればOKです。

K列Category 1:Flashcards Deluxe フッターや表示カードの抽出に使います。

 K2 ="Section "&A2

   3行目以降は、K2セルをコピペすればOKです。

L列iTunes (オリジナル用):例文番号+日本語+English

 L2 =IF(B2=1,, CHAR(10))&D2&". "&E2&CHAR(10)&F2

   3行目以降は、L2セルをコピペすればOKです。

M列iTunes (分割用):例文番号+日本語+English+曲番号/例文数+wordなどメモ

 M2 =D2&". "&E2&CHAR(10)&F2&CHAR(10)&"["&B2&"/"&C2&"]"&CHAR(10)&SUBSTITUTE(G2,"|",CHAR(10))

   3行目以降は、M2セルをコピペすればOKです。

N列iTunes (分割入力用):M列をコピーして、N列に値のみ貼り付けます。
   M列をセルごとをコピーし、メモ帳やiTunesにペーストすると、
   余計な "" が付いてしまいます。
   これを回避するための作業用の列なので、
   M列までの入力が全て終わってから、M列の値のみを貼り付けます。


では、がんばって、E~G列のText 1~3をせっせと入力することにします。
まぁ、1日で560例文の全てを覚えられるわけでもないので、
できた分づつiPhoneに入れて使えばいいかな^^;



関連記事 -------------------------