DUO3.0分割ファイルのアートワークをパワーポイントで作る2013年02月27日 13:10

DUO3.0分割ファイルにアートワークを付けたいで、DUO3.0を分割した各曲用のアートワークをペイントやAdobe Photoshop Elementsなどの画像編集ソフトを利用して作ったのですが、番号を変えていちいち保存するのがめんどうでした。
番号を変えるだけだったら、なんかもっと簡単に作れないかなぁ。。。と思っていたのですが、パワーポイントを使うと結構簡単に作れそうなので試してみました。

1. 用意したもの
 A:パワーポイント(Microsoft Office)
 B:DUO3.0 / CD復習用(Amazon)の『itunesにでも。』とコメントが有る画像

2. 作り方
(1) 画像の挿入
 パワーポイントを開いて、コンテンツのレイアウトから『白紙』を選び、
 元になる画像を挿入します。 
白紙スライドに画像を挿入

(2) 画像サイズのチェック
 挿入した画像をダブルクリックして、図の書式設定サイズと角度で、
 画像の高さ(E) と、幅(D)メモっておきます。
 メモったら、『キャンセル』でウィンドウを閉じます。
画像サイズのチェック

(3) ページ設定
 ページ設定で、スライドの幅(W) と、高さ(E) に先ほどメモった値を入れて
 スライド開始番号(N) を『1』にして、 OKボタンをクリックします。
ページ設定

(4) 図の書式を設定しなおす
 ページ設定すると、、、画像が下図のように歪んでしまいます。
画像がゆがむ
 そこで、
 図の書式設定を開き、
 最初に、縦横比を固定する(A) のチェックを外しておいて、
 最初にチェックした『画像の高さ(E) と、幅(D) 』を入力し、
 プレビューボタンをクリックして、下の縦横比になったかを確認します。
 OKならば、再度、縦横比を固定する(A) のチェックを入れて
 OKボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。
図の書式設定

(5) ページ番号のオブジェクトをコピってくる
 スライドマスタを表示させ、
 スライド番号が表示されるオブジェクト(<#> 数字領域:テキストボックス)
 をコピーします。
スライドマスタ

(6) アートワークをデザインする
 スライドマスタを閉じて、先ほどコピったスライド番号が表示されるオブジェクト
 貼り付けて、適当なフォントや色でデザインします。
※このとき、テキストボックスを左右いっぱいに広げて、文字をセンタリングすると
 スライド番号が2桁になった時も、文字全体が中央になります。
アートワークのデザイン

 デザインができたら、スライドサムネイルをコピー(Ctrl+C)します。

(7) 45個に増やす
 スライド1のサムネイルのしたあたりを一度クリックし、
 後はひたすら、スライドを貼り付けます。
 (Ctrlキーを押しながら、Vキーを44回押す)
コピペ45
 ふっ~^^ 45番目まで出来ました。

(8) JPEGで書き出す。
 名前を付けて保存で、
  保存先(I) を指定し、
  ファイル名(N) を入力(.jpgは無くてもよい、あっても無視される)して、
  ファイルの種類(T)JPEGを選択します。
JPEGファイル保存

 保存ボタンを押すと、下図のようなメッセージが出てくるので
 すべてのスライド(E) を選択します。
書き出しスライド選択

 しばらくすると保存先アドレスを記載した完了のメッセージが出るので、
 OKボタンをクリックしてメッセージを閉じます。
完了メッセージ

(9) できばえ確認
 『DUO』フォルダに、『DUO分割アートワーク』フォルダーが作成され
 その中に、スライド1~45のJPEGファイルができていました。
スライド45個がJPEGに
 元画像が、500x500 96dpi で、
 出来た画像も、500x500 96dpi となりました。

後は、iTunesで、設定すればOKです。

しかし、、、
すでにアートワークは作ってあったわけだし、
なんか、かなり無駄なことやってるような。。。(笑)



関連記事 -------------------------